アニメゴジラ第2部の感想

GODZILLA 決戦機動増殖都市 観ましたので感想です。ネタバレです。

 

初日の夜回でしたが客入りは微妙。第一部が前編説明と前振りであまり盛り上がりもなかったし、第2部からご新規さんは厳しい構成なので人が入るのか心配になります。

 

人によっては大いに荒れていますが第一部よりはそれなりに楽しく観られたので良かったです。前作が緑一色の画面に無彩色メカでひたすら地味で単調だったのに比べると舞台も広がり、各種部族の個性も出てきてやっとお話が始まった感じ。

前回は頭のイカれたゴジラ絶対殺すマンでしかなかったハルオ(cv宮野)もまぁ地球人なんですねーって描写も増え主人公っぽいシーンも増えて前よりはとっつきやすくなったし。

 

まずは見た人がみんな感じるアレ。メカゴジラ、出てこない(終始出ずっぱりと言えば出ずっぱりなのですが)。第一部の引きから宣伝から期待させるだけさせておいてこれです。お話としては筋は通ってるし、そもそもメカゴジラってなんでゴジラの形してる必要あるの?っていうつっこみに対する合理的な実にエルサルドらしい解ではありますが、一番裏切っちゃ駄目な期待を裏切ってくるので、こういう映画観に行く層はそれはもうガッカリですよ。売店で売ってるグッズが悲しい。

一応娯楽映画なんだし、予想は裏切ってほしいけど期待(それも最も重要な期待)を裏切られたら他がよくても「ええ…」ってなります。矢尻のナノメタルからメカゴジラの残骸発見して再起動するところまではすごいワクワクしてたんですけどね。精神年齢が小学生なので素直にその先もワクワクさせてくれよーと思わずにはいられないのです。

この調子で行くと次のギドラも宇宙空間のガス生命体です(バキューモンって星喰だよね)とか言い出しかねないので不安ですが、最後ぐらいは順当に盛り上げてくれると虚淵さん信じてる!

 

なんだかゴジラを敵として出しただけのオリジナルSFもので終わるんじゃないかと思っていたので怪獣ってなんだ?という話がポイントになっていたのは興味深かったですね。

絶対に倒せない存在、自然界の頂点、発達した種族が生み出すもの、増殖するナノメタル。舞台設定が文明崩壊した2万年後なので神のような存在としての怪獣という王道の設定が様になります、ゴジラもモスラも。パシリム以降の洋画に出てくるモンスターを名前だけ怪獣!と言われても「うーん?」でしたが、日本の本家は具体的な姿のない概念に対して「これが怪獣じゃ!」って言って「そうかもしれん…」と思わせる高度なところに行ってしまった。やっぱり怪獣の概念については日本の方が理解があるなぁと思った次第。(映像として面白いかは別)

モスラというと双子とか原始的に見えて高度な暮らしとか、キャラの外せない要素は受け継いで新世界でキャラをリメイクするの上手いですよね。ゴジラも地球の守護神というか地球そのものみたいな立ち位置が相対的にはっきりしてきたし、メカゴジラシティもそれ自体は好きです。単に昔のシチュエーションとかセリフをなぞってリメイクええやろ、ってやるよりすごくワクワクします。(そういえばバーニングゴジラも出てた。)

 

第一部も共通で嫌なところですが設定盛りだくさんなのをほとんどセリフで説明し続けるのでなんかテンポ悪いし、もうちょっとうまくやってくださいと思いました。基本座りながら説明か移動しながら説明なので画面がひたすらに地味だ…万能な杉田博士に頼りすぎてはいけない。

これも第一部からですが、戦闘シーンがプログラムを実行するのをうるさい実況付きで見ているような予定調和感が強くて対して盛り上がらないんですね。戦闘シーン以外が非常に地味なので戦闘シーンが森がらないのは一番問題かもしれない。

 

おっぱいの大きいヒロインも死んじゃったし(思い入れしにくいキャラだったのでそんな悲しくない)、エルサルドの人たちも死んじゃったし(制御を失ったバルチャーが本部に落ちていくシーンが一番よかったです。)、エクシフは何考えてんのかよくわかんないし、なんだかんだで3部もそこそこ楽しみです。次は期待を上向きに裏切ってくれー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中