試作車はロマン ~米原鉄道総研~

東海道新幹線の車窓をなんとなく眺めているとなんか先頭車が並んでるのが見えるポイントがあります。米原の鉄道総研です。これ見よがしに飾ってある割に敷地内には入れないので、年に一度の公開日に行ってきました。

風洞試験設備とかがあるみたいです。滋賀県内は平地で直線が長いので東海道新幹線の最高速度記録はこの区間だったりします。名神高速もひたすら直線でとばす人多い。

試作車3両が置いてある区画に出店が出てるだけなので地元のお祭り感があります。

あまりオタクはいないので和やか。

JR西 WIN350、JR東 STAR21、JR東海 300X の3両が保存されています。

アラサー世代としては小さい頃の日本一速い電車軍団にあたるのでとても馴染み深いです。

子供にしたら”速さ=パワー”なので高速試作車は最強です。大人になると座席にコンセントがあるかどうかの方が大事になります、かなしいなぁ…

まずはWIN350。なんだか一番混んでました。中に入れるのでとりあえず乗車します。運転席は1分のみの交代制です。

流石に設備周りは時代を感じる。

STAR21 1分間でとりあえず写真撮るオタク。あふれるアナログ感。

300X どんな産業機器も現場に行くとテプラにまみれるのは宿命なのか…

車内はガランとしていて申し訳程度に椅子があったりなかったり、壁には解説とか。

引退時点で時間が停止しているので全体的に懐かしい。

みんなもういないじゃないか!

30分に一本とか今となっては少ない!ってなりますね。

米原の車窓から

試作機ということで扉の安全装置が全体的にゴツい

 

普段は柵の外からしか見られないので背面が見られるのはこの一日だけです。(見たい人がいるかどうかは別問題ですが)割と三者三様ですね。300Xだけなぜか窓があるのが気になります。

SL北びわこ号運転中

謎のスロープ。ゴツい基礎が必要な実験等とかでしょうか?

米原と言えばヤンマー。駐車場はヤンマーの駐車場を借りれました。

 

おまけ

京都鉄道博物館の駅建設場所で橋の一夜架替がありました。

New橋。模型制作スペース Nextgateさんより撮影。

旧橋。専用の移設車両がイカす。

信号もお役御免です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中