ハセガワのエスコンキット歓迎 ~F-14D ZIPANG~

ここ最近エースコンバット一般人より10年遅れてにはまって、立て続けに04、5、ZEROとやったりしました。

同世代モデラーだと ゲームはまる→飛行機好きになる→プラモ作る みたいな流れが多い気がしますが

自分の場合 プラモ作る→飛行機好きになる→ゲームやる と逆走している感あります。

04は雰囲気が素晴らしくて、5はストーリーを進めるのが楽しくて、ZEROは敵エースと追いかけっこするのと最後の音楽が良い感じでしたね。

ホビーショーではハセガワの黄色の13をはじめいろいろ発表されたし、これは桜トムキャット晒すなら今しかない。

DSCN6308

2年前ぐらいに発売されたF-14D桜です。ハセの新版F-14にカルトグラフのデカールが新規で付いたキット。見た目の綺麗さでエスコンは未プレイでしたが買って作ったものです。

DSCN6276

デカールの質は大変良くてマークソフター使っても砕け散ったりはしないので複雑なマーキングは思ったより難しくなかったです。意外とデコボコしている機体上面に貼る特大デカールだけは苦戦しましたが…

DSCN6303

それよりも問題はただでさえバラバラ死体とか言われているハセガワ新版F-14を綺麗に組むことにあります。このトムキャットも中古屋にあるような昔の箱なら意外とパーツも綺麗で扱いやすいのですが、こいつのような散々酷使された金型から生み出された新しいキットはパーツ数の多さに比例したバリの処理や合ってくれない隙間の処理、死んだモールドの再生などの苦行を強いられます。

DSCN6292

よく見るとちゃんとウォードック隊のマーク入り。メビウス1とガルム隊は発売が予定されていましたが、ラーズグリーズF-14も当然出ますよね? (でもより酷使された金型から生み出されたパーツになるのか。。。)

DSCN6291

パイロットのヘルメットにも桜模様を描いてみましたが見えませんね。

DSCN6282

武装は例によってキットに入っていませんが別売りのフェニックスを満載。このデカール貼りもなかなかの苦行。

桜とかいいから主役機だせよ!という声は前々からあった気もしますが、その気になれば自作できる主役機ではなく自作困難なこういう機体を出してくれるのはそれはとっても素敵だなって。

zeroのウィザード隊が欲しいのでハセガワさんはYF-23とF-16XLのキットを是非作ってください(無理)

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中